全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
TOPイメージ

全国体育学習研究会とは

 全国体育学習研究会(略称:全体研/ぜんたいけん)は,2005年11月の全国大会長野大会で50周年記念大会を催し,現在も民間教育研究団体の立場から体育学習の授業研究を地道に継続している全国組織の研究会です。

続きを読む...


お知らせ・・・・・・

会員の新刊本案内

☆2017/10/18
◎佐藤先生の本の紹介
 全体研会員の佐藤善人先生(東京学芸大学)の研究が体育科教育(大修館書店)11月号で紹介されています。
<内容>
 『体つくの運動では何をすればよいのかわからないという声が未だに聞こえてくる。ここでは、①身体活動量を増やす、②心理社会面を強化する、③全身持久力を高める、という3つの観点から体つくり運動について「エビデンスベース」で改めて考えてみる。』
 どうぞ、ご一読ください。

◎鈴木先生の本の紹介
 全体研会員の鈴木秀人先生(東京学芸大学)の研究が体育科教育(大修館書店)9月号で紹介されています。
<内容>
 『現行の学習指導要領解説の巻末資料に示されていた9種目の武道のうち、2月発表の改定案で銃剣道だけがなぜ外されたのか。さらに、パブリックコメントを経て、銃剣道が指導要領に加えられることになったのはなぜか。「多数決」の問題点を鋭く突く。』
 どうぞ、ご一読ください。

☆2017/04/28
◎朝倉先生の本の紹介
 全体研会員の朝倉雅史先生(早稲田大学)の研究が体育科教育(大修館書店)5月号で紹介されています。
 「私の研究ノート48」にて、教師の信念研究について述べています。どうぞ、ご一読ください。

◎佐藤先生の紹介
 全体研研究委員の佐藤善人先生(東京学芸大学)が監修する連載が体育科教育(大修館書店)4月号から始まりました。
 連載のタイトルは「スポーツと君たち」。中高生、大学や若手教師を読者対象にして、スポーツの価値を伝える論考です。どうぞ、ご一読ください。


☆2016/11/17
 研究委員長の松田先生の書籍が創文企画から出版されました。20年間の研究を整理されたものです。以下は「はじめに」の抜粋です。全国大会前にお手に取ってお読みください。
 「遊び」という概念との出会いが、体育の学習指導に関して、研究したり授業研究の実践に参加させていただいたりするときの、やはり「要(かなめ)」であることに気づく。20年の期間がありながら、論考が一定の、あるいは一貫したものになっていると思えるのも、この観点の存在が大きい。またそれは、そもそも体育のことを考えるときには、「一丁目の一番地」といった場所を「遊び」という観点が占めているからではないかとも思っている。

松田恵示著
◎ 「遊び」から考える体育の学習指導  創文企画


☆2016/03/03
 全体研のメンバー
が中心となって執筆、編集、監修等を行った本が発刊されました。ご購入の上、お読みください。
 体育科教育(教科教育学シリーズ 第6巻)
  [監修]橋本美保・田中智志  [編著]松田恵示・鈴木秀人
  一藝社 本体2200円(税別) 2016年3月刊行

   詳細はこちら


Facebook案内

☆2015/11/29
 全国体育学習研究会には公式Facebookがあります。すでにFacebookを利用されている方は、こちらから入って、「いいね。」をクリックしてください。もちろん「シェア」していただいても結構です。
 初めてFacebookをされる方は、まずアカウント登録をしてください。沢山のご利用をお願いします。
 Facebook(フェイスブック)の使い方こちらから。
 初心者の方(登録とログイン法、使い方)こちらから。


入会案内

 ☆全国体育学習研究会の会員になるには、「入会希望」のメールをください。入会に関するメールはこちらから。


全体研の出版案内
☆全国体育学習研究会創立50周年記念誌
  「ふだん着の体育を求めて」 1冊1000円 詳細はこちら
☆全国体育学習研究会創立50周年記念出版(明和出版)
  「楽しい体育の豊かな可能性を拓く」 
     ~授業実践への手引き~  1冊1890円
 ※購入ご希望の方は、本名を明記して申し込んで下さい。「申込」、「お問い合わせ」、「ご意見」はこちらまで。

「全体研ニュース」のメール配信

 ☆全体研の会員の方で全体研ニュースメール配信希望者は、「全体研ニュース配信メールアドレス」を登録していただく必要があります。
  メールアドレスの登録、氏名、県名、「全体研ニュース配信メールアドレス」、を明記の上、こちらまで。
  なお、全体研ニュースは、PDFファイルで送付します。PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されています。(次をクリックしてください) Get Adobe Reader
  • 2017/11/05
  • 役員改選
  •  11月3日(金)全国体育学習研究会総会が開催され、その場で役員の改選が承認されました。副会長、研究委員につきましては、ご本人の了承を得たり、若干の調整をしまして、近日中に発表となります。詳細は、上の目次で「全体研とは」-「組織」からご覧下さい。
  •  また、次年度開催県が三重に決定し、期日は11月22日(木)、23日(金・祝日)、24日(土)の2泊3日の予定です。
  • 2017/11/05
  • 阪神大会成功裡に幕を閉じる
  •  11月2日(木)~4日(土)の2泊3日で行われた、第62回全国体育学習研究協議会阪神大会は成功裡の内に幕を閉じました。
  •  提案授業を参観し、その後、授業校別に研究協議会をもち、夜には研究委員会、実行委員会からの問題提起がありました。その後、「ドキドキ・ワクワクする『楽しい体育』の授業づくり」をテーマに、①子どもの立場から運動技能の意味を捉え直し学習指導の改善に②これからの「楽しい体育」の評価③授業と社会や地域との「連携」「協働」を通した教育システム構想を観点として、活発なグループワークが行われました。
  •  最終日の全体会で、各グループの成果を発表し、松田研究委員長からのまとめで締めくくりました。この成果を各自が実践して、来年度、その成果を交換し合うことを約束し、参会しました。3日間、秋の清々しい天候にも恵まれ、実行委員会の尽力や宿のおもてなしもあって充実した大会であったように思います。
  •  
  • 2017/10/31
  • (阪神大会)
  • 提案授業校の参観について!
  •  実行委員会より、お知らせです。
  •  阪神大会では、参観校の指定は行いません。参加される先生方が参観校を決め、会場校へお越しいただきますようお願いいたします。
  •  また、グループワーク等の事前連絡の案内ハガキは送付しませんので、ご了承ください。
  • 2017/10/18
  • お願い!
  •  会員の皆様には、様々な場面でご活躍のことと思います。このホームページやフェイスブック等で紹介する内容がございましたら、情報をお寄せ下さい。よろしくお願いします。情報はこちらまで。
  • 2017/10/9
  • 「阪神大会」申込期日変更について!
  •   第62回全国体育学習研究協議会阪神大会の申込期日についてですが、現在のところ申込者が少ないため、期日を二週間延ばしまして、10月20日(金)までとします。また、振込期日つきましても、同日(20日)まで延期します
  •  実行委員会からの緊急の連絡です。まだ、申込をされていない皆様におかれましては、早めにお手続きの方を、よろしくお願い申し上げます
  • 2017/9/19
  • 「阪神大会」会費振込について!
  •   第62回全国体育学習研究協議会阪神大会の案内をさせていただきましたが、おさそいの中の情報だけでは、ネットによる会費の振込が出来ないことが分かりましたので、追加してご案内致します。
  •  一般の銀行からゆうちょ銀行にネットで振込をされる場合には、店名、預金種目、口座番号が必要になる場合があります。その場合、
  • 店名:四三八
  • 預金種目:普通
  • 口座番号:7673136
  • と入力して下さい。以上ですが、よろしくお願いします。
  • 受取人の名称はおそらく自動で入力されるはずですが、そうでない場合には、カタカナで「ダイロクジユウニカイゼンコクタイイクガクシユウケンキ」と入力してください。
  • 2017/9/14
  • 「阪神大会」二次案内!
  •   第62回全国体育学習研究協議会阪神大会の二次案内(おさそい、開催要項)が届きましたので、掲載します。
  •  上の目次、右端の「次回全国大会のお知らせ」から入り、左のもくじから、おさそい、開催要項をクリックして下さい。
  •  たくさんのご参加をお待ちします。
  •  なお、開催要項の中の申込書で、A参加欄4日(土)の夕食は出ませんので、斜線を引いてください。お手数ですが、よろしくお願いします。
  • こちらからも二次案内に入れます。
  • 2017/7/21
  • 「阪神大会」一次案内!
  •   第62回全国体育学習研究協議会阪神大会の一次案内が届きましたので、掲載します。
  •  上の目次、右端の「次回全国大会のお知らせ」から入り、一次案内をクリックして下さい。
  •  二次案内(申込書)は9月になる予定です。たくさんのご参加をお待ちします。
  • こちらからも一次案内に入れます。
  • バックナンバー
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
☆このホームページに関するご質問、ご意見は、メールにてお願いします。ご質問・ご意見に関する メールはこちら