全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
        
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41回東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
37回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第29回秋田大会
と    き 昭和59年10月25日(木)〜28日(日)
と こ ろ 由利郡岩城町道川「岩城厚生年金休暇センター」
授業提案 小学校4校(基本の運動・ゲーム(2学級)、体操、基本の運動、バスケットボール、
        サッカー、表現、器械運動、陸上)
中学校3校(体操、陸上競技、サッカー、バレーボール、バスケットボール、
        器械運動、格技、選択<陸上・器械・ダンス>)       
研究テーマ 〜楽しい体育の授業づくりを求めて〜
「子どもが自ら進んでとり組み、運動の楽しさを求めていく学習学習はどうあればよいか」
@運動の特性を生かした学習の進め方
A楽しい体育学習における教師の役割
B中学校における選択制体育学習の進め方
大会役員 大会長:宇土正彦、研究委員長:八代勉、実行委員長・事務局長:阿部亮一、
研究部長:今睦雄、運営部長:佐藤祐一
問題提起 T「楽しい体育」についての基本的な考え方−共通理解を深めるために−
 1楽しい体育の目指すものは何か
 2運動のとらえかた(特性論)
   効果、構造(技能構造)、欲求充足機能等
 3学習過程(道すじ)の考え方
   めあて1:今持っている力、今の自分の力というものをわきまえて、その力を土台にしながら
         運動の楽しさを味わい、運動の特性にふれる。
   めあて2:新しい力、技能、作戦などを加えて、その運動のより深い楽しさを味わう、その
         運動の本当の楽しみ方がわかる。
 4授業を評価する目を
U各プロジェクト研究からの問題提起
 第1プロジェクト:学習内容の選定並びに運動の一般的特性と学習過程の検討。
 第2プロジェクト:運動の特性に応じた学習形態の検討。
 第3プロジェクト:楽しい体育における指導活動(+学習評価を包含して)
 第4プロジェクト:中高における選択制の検討。
 第5プロジェクト:小学校カリキュラムの検討。
V全体研組織の研究を促進するための若干の提案