全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
        
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41回東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
37回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第30回埼玉・大宮大会
と    き 昭和60年10月24日(木)〜27日(日)
と こ ろ 秩父市上宮地町「農園ホテル」
授業提案 小学校8校(バスケットボール、ドッヂボール、サッカー、表現「リズム型」、表現「創作型」、
        鉄棒運動、マット運動、とび箱遊び、ハードル走、走り幅とび、リレー)
中学校5校(体操、陸上運動、サッカー、バレーボール、器械運動、ダンス)       
研究テーマ 〜楽しい体育の授業づくりを求めて〜
「すべての子供が運動の特性にもとづいて、楽しさを味わう体育学習は、どのように進めたらよいか。」
@運動の特性を生かした学習の進め方
A中学校における選択制体育学習の進め方
大会役員 大会長:宇土正彦、研究委員長:八代勉、実行委員長:小峰薫
問題提起 T「楽しい体育」の基本的理念−楽しい体育のめざすもの−
 1社会変化と運動需要の変化、並びに、体育の方向の変化
 2「楽しい体育」の基本的な性格
  (1) 楽しい体育における運動の位置づけ
  (2) 「楽しい体育」・・・・運動の特性を大切にし、運動の特性にふれて得られる楽しさ・喜びを味わわせ   ることを重視する体育学習
  (3) 「楽しい体育」における自発性および「学習と指導」の重視
  (4) 楽しい体育の学習過程について
U「楽しい体育」を組織の力で強化することを願って
V各プロジェクト研究からの問題提起
 第1プロジェクト:楽しい体育の学習過程〜特にスパイラル方式の導入について〜
 第2プロジェクト:運動の特性に応じた学習形態の検討
 第3プロジェクト:楽しい体育における評価の検討
 第4プロジェクト:中・高校における選択制授業の検討
 第5プロジェクト:小学校カリキュラムの検討