全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
                               
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41回東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
37回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第32回富山大会
と    き 昭和62年10月30日(金)〜11月1日(日)
と こ ろ 中新川郡立山町芦峅寺前谷「国立立山少年自然の家」
授業提案 小学校7校(体操、バスケットボール、ポートボール、トライアングルドッヂボール、サッカー、                表現無人島上陸、床運動遊び、一分間床運動、マット遊び、マット運動、
        跳び箱アイウエオ運動、鉄棒運動、障害走(2校))
中学校5校(体操、障害走、バスケットボール(2校)、バレーボール、サッカー、器械運動、
        器械運動選択制、ダンス、柔道、剣道)
高校1校(バスケットボール)  
研究テーマ 〜楽しい体育の授業づくりを求めて〜
「一人一人の学習の準備状況をとらえて、運動の特性にふれさせる体育学習はどのように進めたらよいか。」
@児童生徒にふれさせたい運動の特性を、どのように具体化すればよいか。
A児童生徒の学習の準備状況を生かす授業のしくみ方は、どうすればよいか。
大会役員 大会長:宇土正彦、研究委員長:細江文利、実行委員長:笹川勇、
運営委員長:広川透、研究部長:森田寛、事務部長:中井毅
問題提起 T子どもから見た特性を捉える視点
 1 運動の特性に触れる楽しさ体験の状況
  (1) 運動に対する興味・関心の状況
  (2) 運動に対する欲求・意欲の状況
 2 技術の習得状況−「技能」のレベル
U特性に応じた「楽しみ方」に関する学習経験の状況を捉える視点
 1 特性に応じた楽しみ方に関する学習経験の状況
  (1) 自分(チーム)の力に合っためあてを正しく持てるかどうかその状況
  (2) めあてを達成するための運動の工夫や・挑戦ができるかどうかその状況
  (3) 協力や教え合いがオープンにできるかどうかその状況
  (4) 技術構造からみて、特性への付き合い方はどのようにできるかその状況
V単元計画の形式
 1 単元名
 2 運動の特性
  @一般的特性
  A子どもからみた特性
   ア 運動の特性に触れる楽しさ体験の状況
   イ 特性に応じた楽しみ方に関する学習経験の状況
   ウ 技術の習得状況
 3 子どもの様相(特性に応じた楽しみ方に関する学習経験の状況)
 4 学習の進め方(教師の授業への意図)・・・・必要に応じて取り上げる項目
 5 学習のねらいと道筋
  (1) 学習のねらい
  (2) 学習の道筋
   ねらい@  めあて@
   ねらいA  めあてA
 6 学習と指導の展開
W資料1
 1 学習様式の考え方