全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
            
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41回東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
37回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第34回長野・上小大会
と    き 平成元年11月23日(木)〜25日(土)
と こ ろ 埴科郡戸倉町戸倉 ホテル「白鳥園」
授業提案 小学校4校(巧みな動き、リングゲーム、バスケットボール(2校)、サッカー、模倣とシュートゲーム、
        どうぶつごっこ、祭りだ!わっしょい!、跳び箱遊びと鬼遊び、マット運動(2校)、
        とび箱運動、二人組8秒間走、障害リレー、水泳、(業間運動))
中学校4校(選択制(器械運動と新体操)、陸上、バスケットボール、バレーボール、ダンス、剣道)  
研究テーマ 〜生涯スポーツをめざした楽しい体育のあり方〜
@小・中・高の関連を再検討し、のぞましいカリキュラムのあり方を求める。
A子どもの自発性と自主性をいかした教師の指導。
  〜単元計画と授業づくりのあり方を求めて〜
大会役員 大会長:矢野久英、研究委員長:永島惇正、実行委員長:稲田実一郎、
研究部長、小宮山豊員、事務局長、滝沢透
問題提起 T昨年度の総括
U体育の社会的役割の再確認及び目標の構造化について
  何を中心的な目標とし、何を派生的・付随的目標にするのか(目標の構造)
  参考:(西)ドイツ・ノルトライン−ヴェストファーレン州の指導要領(学校スポーツの使命)
 1 予防のために心身を鍛え、健康な生活を導く。
 2 運動をとおして、物的環境と自己の関係、及び身体と自己の関係をめぐる経験を獲得する。
 3 スポーツにおける達成と自己確認(自己実現)。
 4 遊びの能力を育て、ルールについての認識を深める。
 5 スポーツの場を自ら組織する。
 6 スポーツを変化させる(ルールなどをプレーヤーに合わせる)。
 7 学校生活の気分転換及びレジャーとして役立つ。
 8 学校外での同年齢の者とスポーツができるように学習する。
 9 大人になってからのスポーツについて学習し準備する。
Vカリキュラムの検討について
 1 学習の発展をめぐるカリキュラム理論について
 2 いわゆる教材研究、教材化・教材作りをめぐる問題について
 3 学校計画をめぐる問題について
 4 選択制を取り込んだカリキュラム編成をめぐって
Wいわゆる「指導性と自主性の調整」について
 1 自発的学習を引き出しスタートさせるための指導
  (1) 自発的学習の保障を目指す指導計画の作成
  (2) 自発的学習をとりあえずスタートさせるための指導(「はじめ」の段階の指導)
 2 自発的学習を維持し発展させるための指導(「なか」の段階の指導)
  (1) 問題を発見するための観察
  (2) 問題を解決するための直接的指導と間接的指導
  (3) その他の指導
 3 自発的学習を反省することへの指導(「まとめ」の段階の指導)
X中学校・高校における学習の独自性および学習指導のあり方について
Y長野の授業づくりと関連して(学習指導計画について)