全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
           
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41回東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
37回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第35回沖縄大会
と    き 平成2年11月7日(水)〜10日(土)
と こ ろ 那覇市天久 ホテル「エッカ」
授業提案 小学校2校(バスケットボール、サッカー、表現運動(2学級)、器械運動、陸上運動)
中学校4校(選択制男女共習(器械運動と陸上競技)、選択制女子(ダンス)、
        選択制男女共習(バスケットボール、バレーボール、ハンド、サッカー)(2校))
高校1校(選択制男女共習(球技))  
研究テーマ 〜生涯スポーツをめざした体育を求めて〜
「自発的な体育学習の考え方・進め方」
@自発性を生かし、学習を深めるカリキュラムの工夫
A自発的な活動と学習の調整
大会役員 大会長:矢野久英、研究委員長:永島惇正、実行委員長:玉城諭、
研究委員長:新垣範、運営委員長:東恩納吉一、事務局長:古堅宗男
問題提起 T体育に影響する社会的状況と若干の問題提起
U体育の社会的役割の再確認及び目標の構造化について

V「生活内容としての運動」の意味などについて
  8秒間走
Wカリキュラムの検討について
 1 カリキュラムの検討の必要性
  (1) カリキュラム論の視点から
  (2) 全体研における研究の経過から
  (3) 教師の専門性の確立(教師の専門性自立)とカリキュラム研究
 2 わが国の戦後における体育カリキュラム研究の変遷(若干の検討)
 3 カリキュラム研究の全体像
  (1) 体育の学習指導研究全般との関係から
    「体育とは何か」
        ↓          @「どんな運動を内容として取り上げるか」(運動の選定)
    「体育は何を」   →
        ↑          A「どのように配列するか」(運動の配列)
    「体育はいかに」
  (2) カリキュラム編成との関連から
 4 本全国大会におけるカリキュラム研究の方向
X自発性と指導性の調整について
 1 問題の所在とこれまでの検討経過 
 2 体育授業における「自発性と指導性」をめぐる基本的問題
  (1) 自発性と指導性の関係における「量的関係」と「質的関係」
  (2) 学習形態と指導形態
    個人的な運動と集団的な運動
  (3) 「直接的指導」と「間接的指導」
  (4) 自発的活動及び自発的学習と教師の指導性(沖縄県の研究テーマに触発されて)