全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
    
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41回東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
37回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第37回和歌山大会
と    き 平成4年11月20日(金)〜23日(月)
と こ ろ 和歌山市深山 「加太国民休暇村」
授業提案 小学校4校(バスケットボール(2校)、サッカー、ダンス、マットあそび、とびばこあそび、
        器械運動、陸上運動)
中学校3校(選択制男女共習(陸上・器械)、選択制男女共習(球技)、選択制男子(球技)、
        ダンス(男女共習)
高校1校(選択制男女共習(球技)) 
研究テーマ 〜生涯スポーツをめざした学習を求めて〜
@子どもの自発性を生かした学習とその指導
A小・中・高の関連をふまえたカリキュラムの開発
大会役員 大会長:嘉戸脩、研究委員長:青木真、実行委員長:玉置馨、
研究委員長:坂口哲夫、事務局長:狭間勇人
問題提起 T生涯スポーツ時代をひらく学校体育(青木真)
 1 生涯学習の今日的理解
 2 生涯スポーツと学校体育の課題
 3 生活内容論の体質に向けて
U全体研の研究のあり方・進め方(沢田和明)
 1 ひとつの背景としての高齢化社会
 2 教師や体育の新しい役割
 3 全体研の研究とその性格
 4 研究協議(グループワーク)のあり方
 5 これからの課題
V運動目的・内容論の体育にけるカリキュラムの研究について
 1 全体研におけるカリキュラム研究の経過
 2 カリキュラム研究の課題
 3 カリキュラム研究をめぐる3つの観点
  (1) 公的カリキュラムからの自立
  (2) 体育のカリキュラムを子供の学習経験のすべてとして広く捉える
  (3) 固定的な「枠ぐみ・計画」からカリキュラム観を開放する。
W体育カリキュラムという観点から体育の学習内容を再考する
  (1) 運動種目と「+アルファ」としての学習内容
  (2) 運動の行い方の分類〜スポーツライフスタイル〜
    ・イベントライフ(行事型運動生活)
    ・クラブライフ(目的集合型運動生活)
    ・エリアシェアリングライフ(広場型運動生活)
    ・レッスンライフ(教室型運動生活)
  (3) スポーツライフスタイルを学習内容としてどう取り扱うのか
   @選択制授業において
    ・Aタイプ:あるスポーツライフスタイルで種目を選択する。
    ・Bタイプ:ある種目でスポーツライフスタイルを選択する。
    ・Cタイプ:スポーツライフスタイルと種目を選択する。
   Aその他の授業において
X体育におけるこれからの学習指導について(村田芳子)
 1 特性論(特に機能的特性)の再考
  (1) 種目と機能的特性の関係〜「種目」の配列から「機能的特性」へ〜
  (2) 機能的特性と構造的特性の関係
  (3) アレア、イリンクスの現代的見直し〜機能的特性の内容の広がり?
  (4) エコロジカル・スポーツの位置づけ
 2 新しく求められる「+α」の内容・・・・主として中・高校の課題
 3 単元計画における子供の自発性と指導性の問題について