全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
    
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41回東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第38回福岡大会
と    き 平成5年11月11日(木)〜14日(日)
と こ ろ 福岡市東区勝馬 「志賀島国民休暇村」
授業提案 小学校4校(エアロビック体操、器械遊び(2校)、固定施設を使って(障害児学級)、
        ミニソフトバレーボール、サッカー遊び、バスケットボール、サッカー、物語の表現、
        宝島探検、鉄棒・跳び箱運動、走り幅跳び、リレー・短距離走、水泳、
        選択制陸上(走り幅跳び・走り高跳び・障害走))
中学校3校(選択制陸上(短距離・リレー・障害走・長距離走・跳躍)、
        選択制球技(バスケットボール・バレーボール・サッカー・ハンドボール)、
        選択制ダンス・武道・球技(バレーボール・バスケットボール))
高校1校(選択制(広領域)) 
研究テーマ 〜生涯スポーツをめざした学習を求めて〜
「生涯スポーツをめざし、運動に自発的に取り組む体育学習のあり方を求めて」
大会役員 大会長:嘉戸脩、研究委員長:青木真、実行委員長:平川卓、
研究部長:寺田清隆、事務局長:稗島滋、総務部長:前田隆一郎、運営部長:佐々川武彦
問題提起 T「生活内容論の体育」とその基本的性格(青木真)
 1 「生活内容論の体育」の背景
  (1) 現代における人間とスポーツの関係から
  (2) 生涯学習時代に求められる「学習の在り方」から
 2 「生活内容論の体育」の性格について
  (1) 生活内容論の体育とは
   @生活の理論とスポーツの関係
   A「スポーツの日常化」と「生活内容としてのスポーツ」
   B新体育時代の「生活化体育」との違い
  (2) 「生活内容論の体育」におけるスポーツの学習について
 3 生活内容論の体質に向けて
U学習内容の「奥行き」と「幅」について考える(松田恵示)
 1 カリキュラム研究の方法 学習過程モデルの硬直化から学ぶこと
 2 カリキュラム研究課題としての「学習内容の問題」
 3 学習内容の「奥行き」と「幅」
  (1) 体育の目標について
  (2) 学習内容の「奥行き」とは
  (3) 学習内容の「奥行き」を捉える視点
  (4) 学習内容の「幅」について
 4 学習内容の検討から得た実践的課題提起
V競争スポーツの学習指導における基本問題(立木)
 1 文化としてのスポーツ(佐伯)
 2 スポーツの享受能力(細江)
 3 「闘争」と「競争」の目標
 4 「競争」の位相
 5 競争スポーツの学習指導
 6 競争スポーツの楽しみ方(享受能力)
 7 「共生」の概念
 8 競争スポーツをめぐるその他の検討課題
W日常生活を問い直すエコロジカル・スポーツ(杉本)
 1 何故、今、エコロジカル・スポーツなのか?
 2 ポストモダニズムとしてのエコロジー再考
 3 ポストモダニズムの体育に貢献するエコロジカル・スポーツ
 4 カリキュラムの再考を促すエコロジカル・スポーツの課題
 5 共生のモデル授業
X武道の学習指導(沢田和明)
 1 これからの社会と学校教育(学校体育)
 2 武道問題の背景
 3 「運動内容論体育」での武道の位置づけ
 4 武道の学習過程編成
Y「文化としてのダンス」がダンス教育を再考する(村田芳子)
 1 全体研でのダンスカリキュラム研究の経過
 2 文化としてのダンスと特性を考える
 3 文化としてのダンスから、カリキュラムと授業へのリンク
Z「体操」の学習指導をめぐって(長見真)
 1 はじめに
 2 体操の分類
  (1) 体力の維持と向上を目的とする体操(体力トレーニングとしての体操)
  (2) 健康の維持と増進を目的とする体操
  (3) 身体の矯正や修復を目的とした体操
  (4) 動きづくりのための体操