全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
    
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41回東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第39回京都大会
と    き 平成6年11月23日(水)〜26日(土)
と こ ろ 左京区岡崎東天王町 ホテル「サンフラワー京都」
授業提案 小学校7校(なわとび、ストレチ体操、全身持久力を高める体操、ころがしドッヂボール、
        バスケットボール(2校3学級)、サッカー(2学級)、リズムダンス、創作ダンス、
        とび箱遊び、マット遊び、とび箱運動(2校3学級)、マット運動、ハードル走(2学級)、
        走り高跳び)
中学校5校(選択制球技(サッカー、卓球、バスケットボール、バドミントン)、
        選択制球技(テニス、ソフトボール、バドミントン)
        選択制器械運動(マット、跳び箱、鉄棒、平均台)、
        選択制広領域(体操・器械運動・陸上競技、ソフトボール)
        柔道、ダンス)
高校1校(選択制広領域(剣道・陸上競技、ダンス、バレーボール、ハンドボール)、
       選択制広領域(バスケットボール、バドミントン、バレーボール、サッカー、卓球、
       テニス))    
研究テーマ 〜自ら 運動の楽しさを求め 深めていく体育学習〜
・(小) 自ら 力いっぱい 運動の楽しさを求めていく体育学習
・(中・高) スポーツの生活化をめざす体育学習
大会役員 大会長:嘉戸脩、研究委員長:青木真、実行委員長:下井宥之、総務:東山力、
研究部長:赤羽清、研究事務:藤田伸治、事務局長:西澤安夫、会計:尾張惣一
問題提起 T授業研究の在り方と全体研の特徴
U「新しい運動需要」と「教育的対応」について
V「楽しい体育」の授業経緯と成果
W「楽しい体育」の問題と克服の視点
X「生活内容論」の体育への移行について
Y「生活内容論の体育」とその基本的性格について
Z「生活内容論の体育」の創造のために
  〜いろんな発想を交流させ練り上げること〜
 1 カリキュラムと単元(学年配列)について
 2 クラス編成について
 3 授業の流れや学習過程について
 4 学習形態について