全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
    
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41回東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第41回東京大会
と    き 平成8年11月1日(金)〜4日(月)
と こ ろ 渋谷区代々木神園町 国立オリンピック記念青少年総合センター
授業提案 小学校2校(ボール遊び、タッチフットボール、好きな音楽のリズムにのって、
        ダンス○○忍者参上、障害走遊び)
中学校1校(選択制球技)
研究テーマ 〜転換期にある新しい体育の豊かな深まりを求めて〜
「運動や他者との意味ある関わりを大切にする授業の構想」
大会役員 大会長:永島惇正、研究委員長:佐伯聰夫、実行委員長:三浦弓杖、
研究部長:青木眞、事務部長:立木正
問題提起 T全国体育学習研究会の状況をめぐって
 1 民間研究団体としての性格
 2 組織体勢と会員の特性
 3 授業研究の課題と方法
 4 全体研のアイデンティティ
U全体研の歩みと理論的アイデンティティ
 1 分析の方法論
 2 グループ学習論の時代
 3 「楽しい体育」論の時代
 4 「楽しい体育」以後の混乱
V現代の教育課題と全体研の研究
 1 教育/体育の危機と危機の時代の体育
 2 スポーツ享受の現在
 3 子ども・運動・学習
 4 現代体育の問題性
W全体研の使命と研究課題の展望
 1教科忠誠心を超えて
 2中範囲の理論を求めて