全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
       
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野上伊那大会
41東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第42回長野・上伊那大会
と    き 平成9年10月30日(木)〜2日(日)
と こ ろ 駒ヶ根市駒ヶ根高原 山野草の宿「二人静」
授業提案 小学校7校(サーキット・ストレッチ体操、ターゲットヒットゲーム、バスケットボール、
        創作ダンス「力太郎」、創作ダンス「鉄のおもいで」、創作ダンス「生きる」、
        マット運動、障害走)
中学校6校(剣道、バスケットボール、選択制領域(柔道・リズムダンス)、
        選択制球技(バレーボール、ユニホック、バスケットボール)、
        選択制球技(バドミントン、卓球、サッカー、ソフトボール)、
        選択制陸上競技(ハードル、走り高跳び、走り幅跳び)、
        選択制器械運動(マット運動、跳び箱運動))
高校1校(ソフトバレーボール)  
研究テーマ 〜すべての子どもが、運動の楽しさを味わい深めていく体育学習を求めて〜
「自発的に運動に取り組む子どもを育てる学習の進め方」
大会役員 大会長:永島惇正、研究委員長:佐伯聰夫、実行委員長:三澤満男
問題提起 Tはじめに〜研究の歩み〜
 1 「グループ学習」の時代
 2 「楽しい体育の時代
 3 その後から第41回東京大会まで
 4 現研究委員会のあゆみ
U「体育」をめぐる状況と問題
 1 子どもをめぐる問題
 2 運動をめぐる問題
 3 体育への社会的期待
V全国体育学習研究会の基本的な立場
 1 全体研の原点
 2 全体研の体育論・授業研究論
W現代の教育課題と全体研の授業論
 1 学校論の現在と全体研の授業論
 2 学習論の現在と全体研の授業論
 3 体育論の現在と全体研の授業論
X全体研の当面する課題
 1 組織論・運動論的課題
 2 授業構成論の課題