全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
    
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第44回沖縄大会
と    き 平成11年11月25日(木)〜28日(日)
と こ ろ 糸満市賀数 「糸満青年の家」
授業提案 小学校5校(基本の運動、ゲーム、ソフトバレーボール、表現運動、跳び箱運動、陸上運動)
中学校2校(選択制男女共習(武道、ダンス)、選択制異学年男女共習(球技))
高校1校(選択制男女共習(球技))       
研究テーマ 〜現代の教育課題と楽しい体育の可能性〜
「生涯学習生活におけるスポーツへの豊かな「関わり」を求めて」
小学校テーマ:みんなで仲よく、自発的に運動を楽しむ体育学習
中学校テーマ:自己や仲間のよさを生かし、運動を楽しむ自発的な体育学習
高等学校テーマ:仲間とともに運動の意味や価値を求め、深める自発的な体育学習
大会役員 大会長:永島惇正、研究委員長:佐伯聰夫、実行委員長:新垣範、
研究委員長:上地幸市、運営委員長:東恩納吉一、事務局長:玉城義一
問題提起 Tはじめに
 1 教育改革と学校学習
 2 学校学習の特徴と固有性
 3 教科学習の意味と位置
U現代の教育課題〜二つの側面から〜
 1 新しいライフスタイルの創造
 2 子ども達の現在
 3 統合の視点
V楽しい体育の考え方と方法〜未完のプロジェクトとして〜
 1 体育の学習指導
 2 運動の特性論
 3 未完のプロジェクト
W楽しい体育の課題〜批判への対応と新しい視点の導入〜
 1 子ども達の現状から
 2 運動の特性論の課題
 3 状況的学習論の導入
Xプロジェクト研究と課題〜学習・学校・体育の基礎から考える〜
 1 学習論プロジェクト
 2 学校論プロジェクト
 3 体育論プロジェクト