全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
     
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第45回函館・渡島大会
と    き 平成12年11月2日(木)〜5日(日)
と こ ろ 上磯郡上磯町七重浜 「函館スパビーチ・ホテル海王館」
授業提案 小学校5校(基本の運動、ゲーム、ボール運動、表現運動(2校)、器械運動)
中学校4校(選択制男女共習(武道、ダンス)、選択教科(保健体育)、
        器械運動、球技、ニュー・スポーツ)     
研究テーマ 〜現代の教育課題と楽しい体育の可能性〜
「運動の特性論とかかわり論の融合を求めて」
○スポーツ享受能力の開発・育成をめざす「運動世界」の創造
小学校テーマ:かかわりを広げながら、運動の楽しさを追求できる体育学習
中学・高校テーマ:豊かなかかわりの中で、スポーツライフを追求できる体育学習
大会役員 大会長:佐伯年詩雄、研究委員長:永島惇正、実行委員長:永沼秀興、
総務:戸澤寿一、研究委員長:三觜徳久、事務局長:楢山聡
問題提起 T教科体育はもはや必要ないのか
U楽しい体育はもはや古くなってしまったのか
V運動の機能的特性論は楽しさを狭めてしまうか
Wプレイとしての運動世界について
X再び、単元計画における運動の特性の表記について