全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
    
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第46回福岡大会
と    き 平成13年10月18日(木)〜21日(日)
と こ ろ 福岡市中央区清川 「ホテル一楽」
授業提案 小学校5校(体操、低学年の運動(2校)、ボール運動(2校)、ボール運動(2校)、表現運動(2校)、
        器械運動(2校)、陸上運動(2校))
中学校2校(選択制男女共習球技(バスケットボール、ハンドボール、バレーボール、バドミントン)、
        選択制男女共習球技(ソフトボール、サッカー、ソフトテニス))
高校1校(選択制男女共習球技(バレーボール、バスケットボール、バドミントン、卓球、
      ハンドボール、ホッケー、サッカー))     
研究テーマ 〜楽しい体育の豊かな可能性を拓く〜
「運動の楽しさを味わい、生涯学習生活を豊かにする体育学習を求めて」
大会役員 大会長:佐伯年詩雄、研究委員長:永島惇正、実行委員長:原図南夫、
研究委員長:大近正博、事務局長:一丸旅人
問題提起 T学校体育をめぐる状況と課題
 1 学校教育における教科体育の位置の変化
 2 上からの教育改革と教科体育
 3 運動手段論への回帰傾向
U楽しい体育の豊かな可能性を拓くために
 1 楽しい体育の豊かな教育可能性
 2 レジャーとしての教育とレジャーのための教育
 3 教科であり、いわゆる実技の授業としての体育授業