全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
       
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第47回京都大会
と    き 平成14年11月1日(金)〜4日(月)
と こ ろ 京都市中京区御池通河原町 「ホテル本能寺会館」
授業提案 小学校1校(エンドボール、ソフトバレーボール、バスケットボール、リズムあそび、
        とびばこあそび、高とび)
中学校2校(選択制男女共習球技(バスケットボール、サッカー、バレーボール、ソフトテニス)、
        男女共習ダンス(ラテンアメリカン・ボールルームダンス)
高校1校(ダンス(現代的なリズムのダンス−ヒップホップダンス)     
研究テーマ 〜楽しい体育の豊かな可能性を拓く〜
「スポーツ享受能力の開発と育成」
大会役員 大会長:佐伯年詩雄、研究委員長:永島惇正、実行委員長:達脇強、
研究委員長:山口淳、事務局長:細辻浩
問題提起 T『楽しい体育』の豊かな可能性を拓くカリキュラム研究を
 1 全体研のこれまでの取り組み
 2 全体研の現在の研究課題
 3 生涯スポーツの「質的充実」を目指す手がかりとしての『スポーツ享受能力』
 4 全体研における研究の全体像とカリキュラムの検討
 5 学習内容の捉え方とカリキュラムを検討するレベル
 6 カリキュラムの検討をめぐる会員の声
 7 日常的に行われているカリキュラムの検討
 8 ミクロなレベルでのカリキュラムの検討
 9 マクロなレベルでのカリキュラムの検討
U『楽しい体育』における子どもたちのより質の高い学習に向けて
 1 単元学習(単元計画とその実施)をめぐる議論を振り返って
 2 実質50%の意味
 3 実際の授業から−いわゆる「活動はあるが学習がない」という感想の裏にあるもの
 4 『楽しい体育』の授業における目的原理
 5 子どもの自発性と教師の指導性
 6 『楽しい体育』における「楽しさ」とその教育的意味と可能性
 7 子どもたちの学習「経験」の意味するところ
V「体ほぐしの運動」をどう捉えるか
 1 学習指導要領における「体ほぐしの運動」
 2 「体ほぐしの運動」を考える視点
 3 社会の現代的変容と「楽しい体育」論
 4 「体ほぐしの運動」を検討するにあたって