全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
    
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第48回千葉大会
と    き 平成15年10月31日(金)〜11月3日(日)
と こ ろ 長生郡白子町 ホテル「白砂」
授業提案 小学校1校(とびっこあそび、陣取り型ゲーム、リズムダンス、走り高跳び)
中学校2校(選択制(柔道・ダンス)、タグラグビー)      
研究テーマ 〜楽しい体育の豊かな可能性を拓く〜
「スポーツ教授能力の開発と育成」
@いま、子どもが求める楽しい体育学習の追及
  (1) 運動の特性に迫る学習とかかわりを重視した学習の可能性を探る
大会役員 大会長:佐伯年詩雄、研究委員長:永島惇正、実行委員長:宮島佑吉、
研究部長:中村康弘、事務局長:小野史博
問題提起 T「スポーツを好きになる」を越えた先に我々が求めるものは何か?
  〜研究委員会カリキュラム論プロジェクト〜
 1 はじめに−これまでの取り組みの整理と現在の研究課題
 2 「楽しい体育」の豊かな可能性を拓くこととカリキュラム研究の必要性
  (1) 手がかりとしての「スポーツ享受能力」
  (2) 「文化」としてのスポーツと言う意味
 3カリキュラムの検討
  (1) カリキュラムを検討する視点について
  (2) カリキュラム検討の道筋
    ・ 基本的な前提
    ・ 具体的に必要な枠組みを考える
 4 まとめにかえて
U「楽しい体育」の「学習」とは何か
  〜研究委員会授業論プロジェクト〜
 1 はじめに
  (1) 「楽しい体育」では何が「学習」されているのかわかりにくい
  (2) 活発な「活動」を「学習」として捉える視点は何か
  (3) 低学年の体育学習をめぐって−学習の出発点をどこにおくか?
 2 「楽しい体育」の「学習」についての基本的な考え方
  (1) 生涯スポーツを志向する「運動」そのものの学習である
  (2) 自発性・自主性を大切にした学習である
  (3) ((1)(2)を統合する、)運動をプレイとしてとらえる自発的・自主的学習である
 3 「楽しい体育」における子どもの「活動」と「学習」をめぐる問題
  (1) 「活動はあるが、学習がない(あるいは希薄である)」授業
  (2) 別の意味での「活動はあるが学習がない(あるいは不適切である)」授業
  (3) 「過程」と「結果」のどちらを重視?
 4 論議−グループワークにおける検討課題として
  (1) 「楽しい体育」の「学習」についての共通理解を図る
  (2) いわゆる「経験(型)単元」について
  (3) 低学年の運動について
V「体ほぐし」から「低学年(運動経験の少ない子どもたち)の運動」へ
  〜体ほぐしプロジェクト