全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
 
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第49回佐賀大会
と    き 平成16年11月11日(木)〜11月14日(日)
と こ ろ 東松浦郡浜玉町 旅館「魚半」
授業提案 小学校2校 唐津市立長松小学校(ボール投げ遊び、走・跳の運動、跳び箱運動)、
        浜玉町立浜崎小学校(バスケットボール、リングゲーム、ボール蹴り遊び)
中学校2校 唐津市立鬼塚中学校(バレーボール、ソフトボール、ソフトテニス)
        唐津市立鏡中学校(バレーボール)
高等学校1校 佐賀県立唐津東高等学校(剣道、柔道、ダンス)
研究テーマ 〜楽しい体育の豊かな可能性を拓く〜
「カリキュラムの視点から楽しい体育の学習を考える」
@生活を豊かにする体育学習をめざして
大会役員 大会長:佐伯年詩雄、研究委員長:菊幸一、実行委員長:田口良之、
研究部長:平井、事務局長:杠清之
問題提起 T 研究委員会総括=楽しい体育の豊かな可能性を拓く=
  〜カリキュラムの視点から楽しい体育の学習を考える〜
 ●テーマ設定の背景・・・・「豊かな可能性」への視点
  1 アフター(ポスト)・ポスト工業化社会と楽しい体育・・・・社会変化と教育への視点
  2 楽しい体育の評価:理論と実践(認識論と運動論)・・・・授業構成と広がりへの視点
  3 子ども論と楽しい体育・・・・発育発達への視点
 ●なぜ、「カリキュラムの視点」なのか
  1 「カリキュラムの視点」とは
  2 プロジェクトとの関連
 ● 「豊かな可能性」はどこに向けて拓かれていくべきか
  1 近未来の生活とスポーツ
  2 スポーツを「する」多様な味わい方→ライフスタイル論へ
U カリキュラム論プロジェクト=カリキュラムの構成原理を検討する=
  〜「楽しい体育」の拡張と飛躍を求めて〜
 1 昨年度の問題提起の主要な論点
 2 カリキュラム開発の緊急性〜カリキュラム論の意義〜
 3 問題提起1 体育カリキュラムの「めざす子ども像」
   〜“スポーツの”“スポーツによる”公共性の再構築〜
 4 問題提起2 カリキュラムの検討へ <モデルA〜モデルF>
V 授業論プロジェクト=『「楽しい体育」の持つ授業構成とその課題』=
 1 はじめに「授業構成論プロジェクト」の位置づけとこれまでの取り組み
 2 「楽しい体育」の持つ授業構成論
 3 「楽しい体育」の授業構成論の持つ課題
W 子ども/先生論プロジェクト
   =子ども/先生の現状とカリキュラムの視点から「楽しい体育」を考える=
 1 プロジェクトのねらい
 2 取り組みの過程で留意したこと
 3 子どもの現在
 4 先生の今
 5 体育学習の抱える課題と可能性に向かって