全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
 
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第50回長野大会  
と    き 平成17年11月3日(木)〜11月6日(日)
と こ ろ 長野市松代町西寺尾 「信州松代ロイヤルホテル」
授業提案 小学校3校 長野市立加茂小学校(走り高跳び、リズムダンス)、
        長野市立松ヶ丘小学校(ドッジボール、バレーボール)
        長野市立湯谷小学校(鉄棒運動、エアロビック体操)
中学校3校 長野市立裾花中学校(バレーボール、太極拳)
        長野市立東部中学校(バドミントン、選択制器械運動)
        長野市立更北中学校(選択制ダンス、柔道)
高等学校1校 長野県長野西高等学校(スポーツレストラン、選択制球技)
研究テーマ 〜楽しい体育の豊かな可能性を拓く〜
「カリキュラムの視点から楽しい体育の学習を考える」
@体育学習を子どものものに
  〜子どもたちが運動の楽しさを味わい、
    生涯にわたってスポーツに親しむにはどういしたらよいか〜
大会役員 大会長:佐伯年詩雄、研究委員長:菊幸一、実行委員長:中澤和利、
研究部長:島田左一郎、事務局長:土屋聖史
問題提起 T テーマ設定の背景と理由
 1 本大会のテーマ
 2 現代の教育課題とこれまでの楽しい体育からのアプローチ
 3 現代の教育課題の深刻さと混迷状況
 4 本格的な楽しい体育のカリキュラム論の検討へ
U これまでの体育カリキュラムの限界とその背景
 1 体育カリキュラムの現状と課題
 2 体育カリキュラム成立の歴史的背景
 3 変わらない体育制度、変わらない体育カリキュラムによる体育授業への影響
V 成熟社会の現実と求められる体育カリキュラム
 1 成熟社会の現実
 2 社会全体を覆う他者への信頼感の欠如とその影響
 3 教育的対応と体育の対応の現実
 4 今こそ求められる楽しい体育のカリキュラムの可能性
W 楽しい体育からみたカリキュラム・イノベーション
 1 体育のメタ・カリキュラム論とわが国の教育論議の動向の問題点
 2 「学校から合校へ」(経済同友会)の提唱に対する逆バージョンとしての
   楽しい体育のカリキュラム・イノベーション
X 楽しい体育におけるカリキュラム構成の視点と試案
 1 楽しい体育におけるカリキュラム構成の原理
 2 楽しい体育における学びのカリキュラム・デザイン〜学びの時系列性
 3 楽しい体育における学びのカリキュラム・デザイン〜学びのねらい=内容(スコープ)
 4 楽しい体育におけるカリキュラムの基本構想  
記念式典 50周年会長挨拶 50周年祝賀会(PDF) 50周年記念シンポジウム