全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
 
経緯
52回和歌山大会
51回北海道函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第51回北海道・函館大会
と    き 平成18年11月2日(木)〜11月5日(日)
と こ ろ 函館市湯ノ川 「函館湯の浜ホテル」
授業提案 小学校3校 北海道教育大学附属函館小学校
         (キャッチバレーボール<1年・4年>、ボールルームダンス)
        函館市立桔梗小学校(タグラグビー)
        函館市立昭和小学校(マット運動)
中学校1校 函館市立宇賀の浦中学校(バレーボール)
研究テーマ 〜楽しい体育の豊かな可能性を拓く〜
「カリキュラムの視点から見た楽しい体育の学習」
大会役員 大会長:佐伯年詩雄、研究委員長:菊幸一、実行委員長:鳴海順二、
研究部長:楢山聡、事務局長:佐藤豊
問題提起 T プレイ論から見たカリキュラム開発の可能性
 1 カリキュラム開発への関心の低さ
 2 プレイ論に立ち返ったカリキュラム議論
 3 授業提案を生かして
U 小学校カリキュラム編成に向けて
 1 カリキュラム問題の現状と課題
 2 「特性」を大切にするカリキュラム
 3 広がるカリキュラムの問題
V 中・高校体育カリキュラム編成に向けて
 1はじめに
 2 「楽しい体育」が考える学習の目標〜方向目標としての「スポーツ享受能力」
 3 体育授業の限界と可能性
 4 カリキュラム編成の視点<例1>〜<例3>