全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
 
経緯
52回和歌山大会
51回北海道・函館大会
50回長野大会
49回佐賀大会
48回千葉大会
47回京都大会
46回福岡大会
45回函館・渡島大会
44回沖縄大会
43回和歌山大会
42回長野・上伊那大会
41東京大会
40回佐賀大会
39回京都大会
38回福岡大会
38回和歌山大会
36回神奈川大会
35回沖縄大会
34回長野・上小大会
33回佐賀大会
32回富山大会
31回岡山大会
30回埼玉・大宮大会
29回秋田大会
28回福岡大会
27回長野・北信濃大会
26回以前の大会
第52回和歌山大会
と    き 平成19年11月22日(木)〜11月25日(日)
と こ ろ 和歌山市深山 休暇村「紀州加太」
授業提案 小学校4校 和歌山市立中之島小学校(とびばこあそび、短距離走・リレー)
        和歌山市立本町小学校(跳び箱運動)
        和歌山市立西脇小学校(チャチャチャを踊ろう!<ボールルームダンス>)
        和歌山市立山東小学校(シュートゲーム)
中学校1校 和歌山大学教育学部附属中学校(球技<選択>)
研究テーマ 〜楽しい体育の豊かな可能性を拓く〜
@楽しい体育のカリキュラム開発
「“楽しい体育”のさらなる充実をめざして」
大会役員 大会長:佐伯年詩雄、研究委員長:菊幸一、実行委員長:三上滋樹、
研究部長:太田謙二、事務局長:楠見旬平
問題提起 T 楽しい体育のカリキュラム開発
 プロローグ:この3年間の問題提起を振り返って
 1 カリキュラム・モデルの2類型とカリキュラム開発
 2 楽しい体育によるカリキュラム開発の視点
 3 「楽しい体育」における学習指導と学習過程から見たカリキュラムとの関係
 4 「楽しい体育」におけるカリキュラム開発の視点からみた単元学習の課題
 エピローグ:未完のカリキュラムと「楽しい体育」の単元学習
U 子どもの現在から小学校体育カリキュラムの課題を捉えプレイ論の立場を
  生かしてその改善策を探る
 1 小学校部会の趣旨
 2 内容
V 単元学習/選択制授業から「楽しい体育」のカリキュラムを開発する
 1 単元レベルにおける楽しさの深まり・拡がりからカリキュラムレベルの深まり
  ・拡がりを考える
 2 楽しさをより深め、拡げることを保障する選択制授業を構想する