全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
           
まえがき
「楽しい体育」の考え方
(25回京都大会佐伯)
指導活動について
(28回福岡大会)
学習形態について
(28回・30回大会)
選択制について
(30回大宮大会)
低学年基本の運動
(59.10嘉戸他)
学習評価の概要
(29回秋田大会)
学習過程について
(29〜31回大会)
特性を生かした授業
(27回北信濃大会)
特性の捉え方
(32回富山大会細江)
楽しい体育
運動の特性
学習のねらい・めあて
今持っている力で楽しむ
指導性と自主性の調整
自発性と指導性の調整
楽しい体育批判と
楽しい体育の可能性

〜指導活動について〜
第28回全体研福岡大会


指導活動の枠組み
視点−1 問題の発見 視点−2 原因の把握 視点−3 指導の具体化
◇自発的・自主的な学習が
  成立していない。
機能的特性そのもの
に魅了された活動に
なっていない
◇みんなが楽しんでいない
苦手な子の疎外
得意な子の退屈
◇子どもと運動の関係
  (1) 施設・ルールの条件
  (2) めあての持ち方
   ・めあての適切さ
   ・めあての明確さ
   ・めあての解決の仕方
◇子どもと子どもの関係
  (1) 特性に応じた人間関係
  (2) 一般的な人間関係   
◇指導の方向
  子ども自身の解決に余地
  を残した指導
独立達成傾向の助長
問題解決学習の助長
◇指導の方法
  ・示唆・助言
  ・資料提示
はじめ・なか・まとめの学習段階、および学習過程を考慮。
問題の性格によって、学級全体・グループ・個人を指導活動の対象とする。

 ※ 上記の枠組みで指導活動を検討する場合、「特性のとらえ方や学習過程の考え方」自体に問題があるのか、「指導活動における
  問題」なのかをふまえる必要がある。前者の場合は、基本問題にもどらなくてはならない。