全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
        
まえがき
「楽しい体育」の考え方
(25回京都大会佐伯)
指導活動について
(28回福岡大会)
学習形態について
(28回・30回大会)
選択制について
(30回大宮大会)
低学年基本の運動
(59.10嘉戸他)
学習評価の概要
(29回秋田大会)
学習過程について
(29〜31回大会)
特性を生かした授業
(27回北信濃大会)
特性の捉え方
(32回富山大会細江)
楽しい体育
運動の特性
学習のねらい・めあて
今持っている力で楽しむ
指導性と自主性の調整
自発性と指導性の調整
楽しい体育批判と
楽しい体育の可能性

〜学習過程について〜

1 ステップ型?(29回秋田大会:八代)
めあて1 「今持っている力、今の自分の力というものをわきまえて、その力を土台としながら
運動の楽しさを 味わい、運動の特性に触れる。」段階
めあて2 「新しい力、技能、作戦などを加えて、その運動のより深い楽しさを味わう、その
運動の本当の楽しみ方がわかる」段階
2 スパイラル型
器械運動
単元の流れ → 





めあて1
めあて2
ボール運動(球技)
単元の流れ → 





ねらい1 ねらい2
めあて1
めあて2
ダンス(創作型)
単元の流れ → 





ねらい1 ねらい2 ねらい3
めあて1 めあて1
めあて2 めあて2

ダンス(リズム型)
単元の流れ → 





ねらい1 ねらい2
めあて1 めあて1
めあて2 めあて2
ダンス(フォークダンス型)
単元の流れ → 





ねらい1 ねらい2
めあて1
めあて2
2 ステージ型(31回岡山大会:細江)
過程\運動例 走り高跳び 球技
ねらい1
今あるステージ
競争型 総当たり戦
ねらい2
新しいステージ
達成型 対抗戦型