全国体育学習研究会 - ZENTAIKEN Web Site

全国体育学習研究会
        
まえがき
「楽しい体育」の考え方
(25回京都大会佐伯)
指導活動について
(28回福岡大会)
学習形態について
(28回・30回大会)
選択制について
(30回大宮大会)
低学年基本の運動
(59.10嘉戸他)
学習評価の概要
(29回秋田大会)
学習過程について
(29〜31回大会)
特性を生かした授業
(27回北信濃大会)
特性の捉え方
(32回富山大会細江)
楽しい体育
運動の特性
学習のねらい・めあて
今持っている力で楽しむ
指導性と自主性の調整
自発性と指導性の調整
楽しい体育批判と
楽しい体育の可能性

〜運動の特性を生かした授業の進め方〜
第27回全体研北信濃大会  実行委員会研究部長:柳沢重夫

楽しい体育の授業づくりは、具体的には運動の特性を生かした授業をつくることになる。運動の特性を生かした授業づくりは、扱う運動種目の特性を明らかにすることからはじまる。その種目はどのような楽しみ方ができるものかを構造的特性を考慮しながら、機能的な特性を中核としておさえることになり、これが一般的特性として表わされる。これによって、子どもと運動を結ぶ視点や授業の性格や方向が定められる。

次に、一般的特性を子どもたちから見て、どのような楽しみ方や工夫のしかたができるのかということを明らかにする必要がある。子どもたちがめあてを持って自発的・自主的に運動にとりくめるようにするために、運動と子どもの交わりや、運動を通した子ども相互の交りをおさえるもので子どもからみた特性という。これによって授業の幅や指導の工夫の手がかりがとらえられる。

こうして明らかにされた運動の特性が、単元計画の学習のねらいや過程に具体的に生かされることによって授業は、よくできない子もよくできる子もすべての子どもの楽しみ方を保障するかたちの中で運動の楽しみ方の学習を通して、子どもたちの自発的・自主的活動として展開されることになる。
T 単元名
 学習内容のまとまりを意味し組
 織だったまとまったものとしてと
 らえる。
<運動種目名としてとらえる。>
T 単元名

              学年  組  男  名 女  名
              授業者
(  時間扱い中第  時)    月  日  曜(第  時限)
U 運動の特性
 1 一般的特性のとらえ方〜楽
  しさの追求
種目の一般的な楽しさ
     魅力
     楽しみ方=機能的特性を
            考える
〜基本的な学習の方向性を示すも
  のである。(例・・・・競争型) 
U 運動の特性
 1 一般的特性
             ・欲求の充足を求めるもの
              (スポーツ、表現、ダンス)
               競争型・克服型・達成型・リズム
               型・定型型・創造型
             ・必要の充足を求めるもの
              体操
   〜の運動である。  
 2 子どもからみた特性
   種目にかかわる子どもの自主
  性と自発性の幅
  ・その運動にかかわる子どもの
   実態
   ↓  ・技能の幅
   ↓  ・心理的な態度
   ↓  ・人間関係
   子どもが
       ・どんな楽しみ方
       ・どんな工夫
     ができるか。
 2 子どもからみた特性






















イ 子どもの技能の幅
ロ 心理的な態度
ハ 人間関係
V 学習のねらいとみちすじ
 1 学習のねらい〜運動の楽しい
  おこない方(単元全体の学習の
  方向づけを示し、個人差を吸収
  した運動の楽しい行い方)
 2 学習のみちすじ〜楽しむため
  には、どんな運動を、どこを工
  夫して行えばよいかを示し、ね
  らいを区分けしたもの。
 ※種目によっても異なるが、めあ
  ては2〜3に区分けされること
  が多い。〜時間・技能・楽しみ
  方等により〜
V 学習のねらいとみちすじ
 1 学習のねらい
                ・ねらいの深まりと広がりとを求
                めて、どのように発展するかを
    〜楽しむ。     合理的に書く
 2 学習のみちすじ
  ・めあて(1)      ・活動の幅を狭くしては、個人
   │           差には対応できないし、漠然
   │           としすぎては子どもたちがめ
  ・めあて(x)         あてを具体的に持てない。
               ・特性が組み合わされる場合に
                 は主と副におさえられなけれ
 楽しみ方、         ばならない。
 工夫のしかた で記入する
W 学習と指導の展開
 ・学習のねらいとみちすじを子ど
  もの具体的な学習活動として
  予想し、必要な教師の指導活
  動を予定する。
<はじめの段階> 全体へ
 ※物的条件を考える。
 ・どんな運動を
   ・どこで
   ・だれと
   ・どんなことを考えて行えばよ
    いかをわかるようにする。
<なかの段階>
 グループ・個人へ
 ・楽しみ方を求めてどんな工夫を
  すればよいかがわかるように
  する。
 ・めあて(1)・・・・(x)の活動をする。
  予想される活動例を明記する。
    技能          ・子ども
    心理的態度      からみ
    人間関係        た特性
                 より
  工夫のしかた
   楽しみ方
 ※指導については
 ・めあてがわかり、自発的に活
  動しているか。
 ・工夫のしかたがわかり、楽しく
  学習しているか。
 ・ルールやマナーを守って活動
  しているか。
 ・全体、グループ、個人への指
  導。
<まとめの段階> 全体へ
 ・自分の力を知り、 みんなで楽
  しむためにはどうすればよいか
  をまとめられるようにする。
   ・楽しかったこと
   ・工夫できたこと
   ・改善したいこと
 ・学習と指導を整理し、次単元へ
  の具体的な資料とする。
W 学習と指導の展開  (  時間扱い)



`

                ・必要な物的条件を予定す
                 る。
学習形態、グループを
明示する。
学習のめあてと活動 指導


`

・めあて1
    (例)・・・・
     めあてを□で
     かこみ、時間
     を入れる。

・めあてx
    (例)・・・・
 


 全体、個人、グルー
 プへのかかわり方
 を記入する。



`